理学療法士による職場環境改善『Human works』|理学療法士とは

理学療法士とは

-physical therapist-

理学療法士とは、ケガや病気により、座る・立つ・歩くといった基本動作が困難になった人に対して、機能の回復・維持を目的に、運動療法や物理療法を行い、患者さんの生活の質=QOL(クオリティ・オブ・ライフ)向上の支援を行う専門家です。
理学療法士は国家資格であり、資格を取得した人のみが名乗ることを許されています。

理学療法士及び作業療法士法(第一章・第二条より引用)

「理学療法」とは、身体に障害のある者に対し、主としてその 基本的動作能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行なわせ、及び電気刺激、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加えることをいう。

「理学療法士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、理学療法士の名称を用いて、医師の指示の下に、理学療法を行なうことを業とする者をいう。